原付で日本一周した人の感想日記2

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

旧・原付で日本一周した人の感想日記、だったものから移行してきました!!
GoogleMapでラーメン二郎ってサイトも作っています。
2017/11/11(土)


ノーベル賞!!!!!!!
ノーベル賞取らなかったら読んでなかった。

前半はツマラナイんだけど
後半はそのツマラナサが良い味を出すんだなという小説だった。

ノーベル賞を取るのにふさわしいか解らないけど
面白い小説でオススメ出来るよ。


ストーリー

格式高い名家の執事として働く主人公。

しかし時代は代わり、
家主はイギリス紳士からアメリカ人紳士になり
雇用人も数が少なくなって来た時代の話。

雇用人の人員不足を補うために
ご主人の長期旅行で居なくなる空きをついて
昔に一緒に働いていたメイド長をスカウトするために
遠方まで旅行する。

道中、過去の華々しい貴族社会の話とか
執事の品格に付いて語られる。



ネタバレ


















内容

主人公はご主人をサポートするために誠心誠意
執事という職業を勤め上げ

第2次世界大戦の直前には、お屋敷で各国首脳の密談が行われていたりして
執事としてその時、居合わせた事に誇りを感じていて
自分が執事として立派な品格を手に入れたと自負していました。


メイド長とはちょっとした行き違いで離れ離れになってしまい
再会した時に
ちょっとのキッカケが有ればこの人と結婚をして別の人生を歩んでいたと気づきました


主人公の人生は、
ご主人様を信頼して信じていただけの人生で
自分では何一つ決めてこなかった人生だったと
振り返ります。

執事として立派な品格を手に入れたけど
執事という職業自体が斜陽で
昔と違って雰囲気の違うアメリカ人のご主人様に使えており
今までの知識ではご主人様満足させられず
新しいことを学ぶ気力も湧いてこない。

自分の人生は何も成し遂げられなかったのではないか?
人生無駄にしたのではないか?

だけど何か価値が有る物のために尽くそうと思い
ソレを試みるだけで価値はある人生に誇りと満足を覚えてよいとも思いました。





仕事人間が仕事に熱中しすぎて
人生を無駄にしてしまった話。

怖いですね。

気がつくまでに時間がかかり過ぎている。






関連記事
2017/11/06(月)
三島駅、南口バスで
元箱根港行、30分くらいです。

山の上に行く感じですw
三島スカイウォークという超大きな吊橋の少し先にあります。

駐車場が看板の前と、少し下ったところに大きな駐車場。
この大きな駐車場が埋まる事はあるのかな?w


山中城跡


山中城跡は、道路を挟んで
南と北に有ります。

南側の障子堀
山中城跡


北の障子堀
山中城跡



障子堀は、北条が豊臣秀吉の進軍を止めるために作られているので
西側にしかありません。
山中城跡



天守台は、東側に有って。
盛り土になっているだけで特に何も無いようです。

山中城跡


関連記事

/次のページへ移動する

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ