サクラサクラ、4巻の感想。若者の恋愛は国の未来よりも重要

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2014/04/21(月)
サクラサクラ 4 (少年チャンピオン・コミックス)

もりしげ「サクラサクラ」4巻のストーリー


引き続き海水浴旅行中。
コレットさんの監視の目をかい潜り
フェンスを飛び越え敷地外に脱出!!
そこで花坂君、姫城さんが見た日本の現状は・・。
日本語の看板など一つもなく、外国語の看板が溢れ
本当に日本なのかと疑うような現状だった。

言葉で知っていた現実を実際に見てしまった花坂君は
この国の余裕の無さに、姫城さんに子作りを持ちかける。
姫城さんは同意するものの、子供を作ると言う事は
この学園を作った、この日本を駄目にした御老人共の思う通りになる
事を意味し悔し涙を流した。
そんな姫城さんの涙を見て、花坂君は
姫城さんの気持ちよりも、国・御老人・自分の立場を優先して
考えてしまった事を反省。
姫城さんに花坂君が迫った事にコレットさんは嫉妬の炎を燃え上がらせる。

コレットさんに内緒で、敷地外に出てしまった事を攻められ
花坂君はコレットさんと1日デートをすることに
姫城さんと敷島さんは、二人の後を付け狙いヤキモキするが
コレットの純粋な心に、自分のしてることは無粋だと今日だけは見逃すことにした。
サクラサクラ、女子3人娘と疎外される花坂
花坂君の誕生日に、誰が手作りのプレゼントで花坂君を
喜ばせる事が出来るのか競争することになった女子三名。
花坂君放ったらかしで始まったプレゼント作成は
姫城さん裸に剥いてリボンでデコレーションしてプレゼントした敷島さんの勝利と思いきや
姫城さんが不意打ちのキスで逆転勝利!
コレットさん、敷島さんに次ぐ3番目のキスだけど・・。

学園生活と言えば部活動!
4人で部活動をすることになったが
女体研究会、お料理部、武道、色々と案が出るが消えて
最終的には部活動研究会!w


もりしげ「サクラサクラ」4巻の感想


今回気になった話は、
最後のブカツドウ!の話で、敷島さんがコレットさんに投げられてって所で
姫城さんが武道とかは危険だからと言う理由で何もさせて貰えなかった。
↑ここまでは解る。
その後に、茶道とか華道も教えて貰えなかったと言っている場面。
サラッと流されてるけど、これって本当は危険だからとかじゃなく
教えられる人が居ないヒドに日本が衰退してる表れなのかもしれないって不安がよぎる。
新世代に経済の立て直しを手伝ってもらってるとかも昔に言われてたな~。
サクラサクラ、武道を伝授するコレット
そこまでこの国の現状が酷かったら花坂君と姫城さんが子供を作った所で
焼け石に水だと思うし、もっと効率的に体液を採取して
人口受精させたほうが手っ取り早いのになぜソレをしないのか?
花坂君世代の後からは徐々に人口が戻ったと言われてるけどそれも嘘なのか?
自由恋愛で子供を作る事に意味があるのか?
それとも、トキみたいにもうすでに色々と手遅れなのかな。

花坂君と姫城さんが子供を作ると御老人に屈した事になるのとか言ってて
主人公とヒロインが結ばれると詰みじゃねーか!と思ったけど
自由恋愛で結ばれるには姫城さん的にはOKなのかな?
道具として扱われるのは嫌で、人間として求められるのが良いのかな?


ここまで書くと凄いくらい漫画に見えるけど
内容は明るいハーレム物で、
花坂君と姫城さんの初々しいツンデレコント。
敷島さんのボケ。
でも明るい、その大部分は当て馬お嬢様コレットさんの性格だよな!
お金持ちで積極的アピールで、編み物も得意!
ぜひお嫁さんにしたい候補ナンバーワンだね。
っと褒めてみた。表紙だしね。
サクラサクラ、雌豚コレットさん


敷島さんが色々と悩んでたみたいだけど
意外と普通の女の子だと気づいて良かった。
喋りも多くなってきたし、後は花坂君へのアピールを増やせば
姫城さんに対抗するイイ対抗馬ができるで!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/1004-562e8d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ