ばくおん!! 37話の感想、カタナが凄くてオマエは凄くないんだぞ!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2014/07/14(月)
ばくおん!! 4 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

おりもとみまな「ばくおん!!」37話のストーリー


ヨシムラカタナ1135Rの父親と一緒にツーリングに来た鈴乃木凛&カタナ400cc。
父親の身勝手な振る舞いにプンプンしていた所に
中型カタナを憎む大型カタナ軍団と再び遭遇してしまう。
しかし、今日はカタナの中の頂点である1135Rを所持する父親と一緒と
高をくくっていたら・・・・。

まさかの父親の裏切りw
昔に400ccに乗っていた事を隠し
自分で1135Rの応募作文を書いたことにして
さらに大型カタナチームで大きな顔をして
さらには、400ccカタナを乗る娘を知らない子wと言う始末!w

そんななか開かれる、カタナ遅乗り大会!!!!
大型カタナ筆頭野口と鈴乃木父の戦いw

父親にまさかの裏切り行為をされ意気消沈する鈴乃木だったが
実は大型チーム内でもレアカタナを持っている事を自慢しすぎて
陰口を叩かれている事を知った鈴乃木は
ひどい仕打ちをした父親を応援!!!!

裏切った娘からの突然の応援にビックリした鈴乃木父は
遅乗りのまま、立ちごけ・・・。

大型カタナグループに鈴乃木凛のことを嘘ついた事により
鈴乃木父は信頼を失い、レアカタナは傷つき全てを失ってしまった・・
が、鈴乃木凛は初めてのタンデムシートに父を誘って二人乗りで帰宅。
ばくおん!、鈴乃木の初めての人!
その日、鈴乃木父はなんでカタナ400ccを嫌っていたのか思い出せなかった。



おりもとみまな「ばくおん!!」37話の感想


おまけ四コマ漫画に千雨ちゃんの全身像が出てるけど
5等身で、胴長ですわwコレは足が短い!しょこたんかよ!!!!!

前々からカタナを自慢しすぎ!だと思ってた鈴乃木父親が
大失敗してそこから娘との絆を取り戻すまでが
今までの、ばくおん!と違って綺麗になったよね。
何だかんだ言っても鈴乃木はパパが大好きなんだとも思ったw

レアカタナを立ちごけでぶっ壊すところも良かった。
せいだいに電柱にぶつかって壊すよりも
一番バイク乗りで情けない壊しかただったから
余計に惨めで、大型カタナチームにも捨てられる演出。
そこから鈴乃木凛の、パパが初めて(タンデムシートに)の人!発言!
良いね!
娘じゃなければ恋人フラグが立ってたよ!
でも娘じゃなければ、裏切ったパパを応援しなかったけどなっ!

鈴乃木父が、400ccを嫌っていたのは
大型カタナへの卑屈な心で
レアカタナをゲット認めに虐げる方へ転身してしまったんだろう。
だが、レアカタナよりも400ccカタナに乗っていた時の方が
楽しい思い出が沢山詰まっていた。

つまりバイクは楽しい思い出が詰まっているバイクの方が価値が高いんだよ!
ボッチバイカー残念!

熟年おじさんの一人旅
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/1024-c6aefd0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ