初ラーメン二郎は何処に連れていくべきか?考える為の5カ条

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2010/11/18(木)
会社の同僚や学校の友達を


初めてのラーメン二郎に連れて行く!


この日ほどラーメン二郎好き達、ジロリアンが輝いている日は無いだろう!!
そんな輝ける日だが大問題が1つある。

どこのラーメン二郎に連れていくべきか?

連れて行った人の、その後の人生を左右してしまう決断です。
選ぶ店舗が悪ければ、その人は一生ラーメン二郎に背を向けて日陰の人生を送るか
選ぶ店舗がよければ、ラーメン二郎を食べ過ぎて高脂血症や痛風ライフを送るか・・

そもそも、同僚や友達を連れていっている時点で失敗したら
後々の人間関係がギクシャクしますね。
責任重大の決断を迫られています。


そこで、色々な人をラーメン二郎に連れていき色々と失敗してきた私が真面目に考えた。

1.メールマガジンを配信している店舗に行く
実際にはメールマガジンというか臨時休業を素早く受信できる店舗が良いです。
栃木まで連れて行って臨時休業とかになったら
白い目必死で帰りの電車が気まずいデス。
兎に角、メルマガや掲示板、twitterなどを駆使して臨時休業を素早く受信しましょう。
できることならば、
臨時休業を受信したら素早く別の店舗に切り替えられる店舗を選びましょう。

2.美味しさを重視する
ラーメン屋ごとき並びたくないー!!!
とか言う人のために、あまり美味しくない店舗とかに連れていきがちですが
ダマしてでも美味しい店舗に連れていきましょう。
私は、美味しいつけ麺たべなイカ?とか言って
ラーメン二郎 小金井街道店に連行したことが有ります。(駅から徒歩15分くらいの店)
あそこまで駅から離れていると引き返せないので黙って並ぶと思います。

3.超長蛇の行列の店でも問題ない
ラーメン二郎関内店や、神田神保町店などは夜など60人待ちとかしていますが
そういう所につれて行くのも良いと思います。
最初から超行列の店?!っと思いがちですが
初めてラーメン二郎に行く人は、
有名な・2chまとめサイトなどで話題になっているラーメン二郎は
味などではなく、アトラクションとして面白がって行くことが多いので
長蛇だったと言う現実もアトラクションの話題として処理してくれるため問題無い!
私は、20人以上くらいで勘弁してくれーって思っています^^;

4.野菜の量が少ない店のほうが良い
初めての人は、マシマシ!言いたくて言いたくてたまりません。
ヤサイの量が多い店舗だととなりに座って助太刀したとしても
とんでもない量が出てくるのでオススメしない。
もう一度言いますが、初めての人はマシマシ言いたくてとても興奮しています。
あ、豚肉は多い店舗の方が次の日とか話題になるので良いと思います。
次の日、話題になっていればソコからまた2・3人ラーメン二郎に連行するのは容易いです。

5.一番美味しい店舗には連れていかない
ラーメン二郎は特別なラーメンですので3回は食べないと美味しさが解らないと言われています。
そこで一番美味しい店舗に最初に連れていってしまうのは勿体無い。
次に良く店舗の方が美味しいよと言われれば嫌いじゃなければノコノコ付いて来るので、
ラーメン二郎慣れから、更に美味しく食べられる様に耐性づけを
徐々にしていこうという魂胆さ、へっへっへ。
「1週間後にまた来てください 本当のラーメン二郎を食べさせてあげますよ」
「1週間後にまた来てください 本当のラーメン二郎を食べさせてあげますよ」
「1週間後にまた来てください 本当のラーメン二郎を食べさせてあげますよ」
「1週間後にまた来てください 本当のラーメン二郎を食べさせてあげますよ」
「1週間後にまた来てください 本当のラーメン二郎を食べさせてあげますよ」
「1週間後にまた来てください 本当のラーメン二郎を食べさせてあげますよ」
(@_@;)


色々と考えましたが、
一番簡単なのは強制的にラーメン二郎につれて行って、おごる事ですよね。
善意の押し売りでラーメン二郎中毒にすれば良いんですよ。

でも本当はラーメン二郎好きが増えると行列が長くなるから
ジロリアンども増えるな!!

ラーメン二郎千住大橋店の大豚ダブルのアブラ
初めてラーメン二郎に行った人におごりと言って
千住大橋店の大豚ダブルをおごってあげました。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/228-8944c7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ