ヨルムンガンド 5感の感想、仲間だけは誇れ

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2011/01/05(水)
うっすらと気づいていたんだ。
ボクが武器商人の前では笑わないのと同じように

ココは他のすべてを隠すためにいつもわらっているということに。
ヨルムンガンド 5 (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド 5 (サンデーGXコミックス)
(2008/10/30)
高橋 慶太郎

商品詳細を見る

高橋慶太郎 ヨルムンガンド5巻の感想


武器を売っている武器商人ココ・ヘクマティアルは、武器を憎む少年兵ヨナと共に旅をしていた。

ある日、ヨナ君はアドリア海でバカンスをしている時に
仲間の一人である"マオ"の家族の話から、ココの武器商人に対する考えを聞く。

そして、ココは武器と医師団の輸送任務を引き受けるが
取引相手はCIAが500万ドルの賞金をかけて狙っている
世界代表クラスの糞野郎、民兵組織「バルカン・ドラゴン」のリーダーバルドラであった。

ヨルムンガンド、マオとココさん
マオが家族に対して武器商人の私兵だと言えずに嘘を付いたことを聞いた
ココの反応が良かった、
笑が消えて武器商人と云う仕事について話している時が本当の姿なのかもしれない、
じゃあ、その後の「仲間だけは誇れ、忘れるな。」と言ったときに笑っていたのは
何かを隠すための笑顔なのか・・謎は尽きない。
カバーを外すと、マオの家族が見れるけど・・・wwwこりゃヒドイ!!w


そして武器輸送と、人権のために発言する医師団!!の"輸送"!
世界代表クラスのクソと呼ばれているだけあって、医師団のリーダーを発見した瞬間に銃を打つクソでしたw
そして、それに応戦して戦いを始めるココ達・・。
ヨルムンガンド、ドラゴン退治
そこには殺し合いのみがある、主人公側が正義だ!とは言えない・・いやそんな言葉すら無意味な戦場。
久しぶりにこの漫画が戦場を渡り歩く武器商人の話なんだって事に気付かされる思いでした、
話の立ち回りで今までは危険などを回避してきたのに
完全にあった瞬間に医師団長を銃で撃つ狂犬野郎との戦い
そして機転を利かせたマオの砲撃手との腕が見所で面白い!

そして、最後はCIAのショコラータちゃんとスケアクロウさんを手玉に取って
賞金を掠め取るしたたかさ!
流石、ココさんだよ!


そして最後は、次巻へと続く布石。
ココさん大好きバルメ姉さんが
自分の部隊と右目を奪ったた奴への復讐の旅にでる・・・ヨナ君が勝手についてきちゃったw
バルメ姉さんは色々と布石があったので
此処でココさんに黙って旅に出るのは予想外!
しかも、またもやココさん達を狙う殺し屋さん!
チャラそうな女の殺し屋も居て、昔に女の子の殺し屋を打てなかったルツ君がどう出るか期待でぇすw

ヨルムンガンド 1巻の感想~武器を売る奴はこんなんだ~
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/278-bd5285f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ