ヨルムンガンド 7巻の感想、暴力の化身め・・

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2011/03/09(水)
ココ・ヘクマティアルは我が国に仇なす怪物に必ずなる!

それに噛み砕かれた時、私の言葉を思い出すといいわぁ。

ヨルムンガンド 7 (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド 7 (サンデーGXコミックス)
(2009/10/19)
高橋 慶太郎

商品詳細を見る

ヨルムンガンド 7巻のストーリー


CIAのジョージ・ブラック本部NCS欧州課長、通称ブックマンは、
ココを"乗りこなす"作戦。オペレーション・アンダーシャフトの責任者で
その下には、優秀なテロリストの破壊者である"ヘックス"と
ココの元にスパイとして潜り込んでいる"アール"が居いる。
そして前回、ココ達に暗殺者を送り込んだのは
その片腕であるヘックスによる独断であった。
ヨルムンガンド、ブックマンとヘックス
ヘックスは生粋の愛国者であり優秀な兵士でもあったのだが女性であるがゆえに
祖国から疎まれ・・そして軍を辞する。
そしてCIAのリクルーターにより諜報の世界へと導かれ
アフガニスタンへ行き有能さを示すが
次第にテロリスト狩りへとエスカレートしていった。
そして、いずれ祖国に仇なす化物になるココへと暗殺者を送り込んだのであった。

ヘックスからココが命を狙われている事に感づいたアールは
オペレーションアンダーシャフト作戦の成功の為にブックマン課長に
ヘックスの情報を聞き出そうとするが失敗。
そして、ブックマン課長はヘックスの気を抑える為にヨナ君の命を差し出せ命令するが
アールはそれを拒否。

そして、ココ・ヨナ君が二人っきりの時にヘックス率いる部隊に襲撃を受けてしまう。
スパイとしてココの元に潜入しているアールは
自分の正体を明かしてまでココとヨナ君をヘックスから守ろうとするのであった・・。

ヨルムンガンド 7巻の感想


ココを化物に成らないように乗りこなす気満々のブックマン課長・・・
お前、片腕のヘックスすら乗りこなせていないじゃんかw
自分の手元にある部下が化物になっているのに気づかないだなんて・・。
ヨルムンガンド、ココとアール・・。
それにしても、ブックマンがアールとヘックスを電話一本で
上手く制御している雰囲気とかが凄い良い演出だった。
最初は上手く制御できていたのに、ヘックスの暴走で徐々に壊れていって・・・
徐々にアールの方へ情報を流す段階が凄い緊迫感があって良かった。
現場に出てこない奴でも電話1本でここまで、現場に居るような緊迫感を
出すのは素晴らしい出来だと思う。
ブックマンの感情を表す食事風景も
ブックマンの心の静かな揺らめきを感じられてGOODだった。
このヨルムンガンド7巻はよくも悪くもブックマン課長の回だったよ。


そして、ココが遂に化物に成りかけた回でもあった。
ヘックスは化物になった、祖国の為にテロリストを手当たり次第に殺していた。
ココはそんな事をしないけど最後に武器商人としての範囲を超えて
自分の力の全てを使ってしまった。

願わくば、ココとヨナの関係がヘックスとアールの関係に成りませんように
っと思った。

ヨルムンガンド 1巻の感想~武器を売る奴はこんなんだ~
関連記事
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/18(月) 18:41 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/349-ed63b895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ