神歌ミラクル TRACK1、もりしげ先生の新連載だー。

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2011/05/30(月)
ミラクルジャンプNo2から始まった
もりしげ先生の「神歌ミラクル(カミソンミラクル)」です!

ミラクルジャンプ (ヤングジャンプ増刊) 2011年 4/12号 [雑誌]ミラクルジャンプ (ヤングジャンプ増刊) 2011年 4/12号 [雑誌]
(2011/03/15)
不明

商品詳細を見る

神歌ミラクル TRACK1のストーリー


神歌ミラクル第一話、やさしい悪魔
ちょっとボッチな、高天(たかま)ちとせは聞いた人を幸せに出来る歌の魅力に惹かれていて
自分も誰かを幸せにしたいなっと何となく思っている普通の女の子。

そんな時、街でイチャつくバカップルを目的するのだが
実は男性の力を吸っていた、女性の悪魔だったのだ~!

悪魔は「どんなの望みでも叶えてやるぞ~!」と高天に迫り
変なコスプレしてい人だな~と思いつつ高天は
「僕は 誰かを幸せにしたい」と願い事を言ってしまい
悪魔と契約をしてしまうのであった。

悪魔は空閑(くが)と名乗り高天の母親の記憶を改竄し
家に居座り、味噌汁を飲む。


そして悪魔の力を使い、5万人の観客がいるコンサート会場のステージに
高天を潜り込ませ歌を歌わせるのであった!

高天さんは、5万人の観客を歌の力で幸せに出来るのだろうかっ!!!!

神歌ミラクル TRACK1の感想


遂に始まった!もりしげ先生の新連載です。

初めて読んだ時には、余りに急展開過ぎるストーリーについて行けなかった。
イキナリ悪魔と契約=>速攻でコンサート会場でさあ歌え!って
怒涛の展開だったのでビックリした。
でも逆にその急展開だから濃いミラクルジャンプ連載陣のなかで目立って良かったと思う。

そして漫画の所々で挟んでくる悪魔の空閑とのコント?みたいなのも面白かった
本当に悪魔なの?みたいな絶妙な演出
普通に一緒のベットでねて朝御飯を食べたりとw
1話目のタイトルも"やさしい悪魔"だしね!
願いの対価の話ははぐらかされてしまったケド、きっと良い悪魔に違いない!!

あと、キャラクターの服装も凝っていて見所かな?
普段着の時も、コンサートのステージ衣装なども可愛く書かれていて見所。
私は空閑さんの黒いブーツに踏みつけられたいかな?かな?


主人公の高天ちとせさんは、"僕っ子"ですが
ちゃんと女の子なので変な想像はしないように!
私はおもいっきり勘違いしていましたが、
雑誌の柱に"若き少女の悩みは居場所"って書いてあるからw

神歌ミラクルの高天ちとせ
高天ちとせさんの
チョットぼっちな感じとか
ぼやぁ~っと誰かを幸せにしたいな~という所が
物語の進行と共に明確に目標を持って
成長していく物語になっていくのかな?

神歌ミラクル TRACK2の感想 みんなを歌で幸せにしちゃおう!!


フダンシフル!(1) (ヤングガンガンコミックス)フダンシフル!(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/05/25)
もりしげ

商品詳細を見る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/435-fd37cd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ