学徒のベクトルの感想、駄弁り部とか言うな!ふぃろふぃろ部だよ

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2011/06/09(木)
知を愛する者達が集うフィロソフィカル学園ラブコメ!
フィロソフィアって日本語だと哲学?
なんだか難しな~~。

哲学って言ったら
人間は何処から来て、何をして、何処へ去っていくかを考えたりするアレでしょ?
中二病ですかw
とか思ったら、既に本の中で言われている!!!!
学徒のベクトル、中二病って言うな~~!
お前らの思想など、すでに1000000万年前に通り過ぎた地点である!!

学徒のベクトル (ヤングチャンピオン烈コミックス)学徒のベクトル (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2011/05/20)
もりしげ

商品詳細を見る

もりしげ「学徒のベクトル」のストーリー?


主人公・水津在人は、携帯小説の大ファン!みたいなー・・・?w
そんな事から文芸部に入ろうとしていた所、同じクラスの玄永さんから
フィロソフィア研究部に入部することを進められ入部する。

部員は、先輩の三島楓さん・二見知恵さん・十丸高帆さんと
主人公の4人だけ!
ふぃろふぃろ部が何なのかよく解らないままに
3人娘に翻弄される水津君の苦労が始まる!


もりしげ「学徒のベクトル」の感想


難しい!!
でも、何かをやり遂げたような清々しい気持ちだぜ!
これで俺もニーチェに近づけたりしたのかな?
そんな訳がない?だって?

それを考える前に聞いては駄目ですよ?
答えは自分で学徒のベクトルを購入してから自分で考える方が楽しいですよ?w

なんか哲学っぽかった?w


一番好きな話は、"僕のなかの幽霊"かな?
幽霊に対しても積極的に知を欲する三島部長に
幽霊を見ることが出来ると気軽にいう高帆先輩に
幽霊なんて居ないと怯える二見先輩w
三人それぞれ一つの物事にたいしての接し方が違っていて面白いし

幽霊が出た後も、
幽霊を見ることが出来なかった三島部長
幽霊を見たけど他の人と同じとは限らないと言う高帆先輩
幽霊を信じないぞ!!と叫び続ける二見先輩w
この話は良かったよ・・・ふぅ~~~
読み終わった後のこのドキドキは悪霊の仕業?
それとも、二見先輩のパンツが見えたから?w

というか、二見先輩のパンツは見せ過ぎだけど
三島部長と高帆先輩のパンツは見せてくれないのは・・・・。
ハッ!
これはパンツの色は何ですか?と聞く前に
自分で考えろと言う作者からのメッセージなのだ!
そんなステキな問題 自分で解かないと 勿体ないよね!!


今回の学徒のベクトルも"もりしげ"先生漫画のお約束である
他の漫画からのゲストが登場していますねw
玄永さんがクラス委員長になっていて笑ったとか思ったら
同性愛者でふぃろふぃろ部に相談しに来て笑えないw
この人は、BL好きだったはずだが・・・!!
沢山でてきますがこの玄永さんは何者なんだーーーっ。

それと、花右京メイド隊の主人公も
ふぃろふぃろ部に自分探しの旅の途中で立ち寄ったみたいで。
ココに寄ったのは良かったよね。
三島部長に会えたのは凄い自分探しの力になるとおもう。


そして、最後。
最後の問題は、誰?
学徒のベクトルの三人娘
三島部長
メインヒロイン?部長だし一番落ち着いていて居るし
三島部長も水津君の事は尊敬している感じがするし、
何時も水津君の為に部室に早く行こうとしているし
何よりも水津君も三島部長の事が好きだしアリかな?
でも、三島部長のその後のすまし顔が、そんな事する人じゃないから違和感が在るのよね。

高帆先輩
ちょっと黒い所があるから、イタズラでするって事が一番ありそう
その後の余裕な感じの顔も何か企んでそうであやしぃ~。
けど、月桃庵の新作抹茶ロールを持ってきている所が
学校の外にある店まで行って、一番最初に部室に戻ってこれるとは思えないが・・。
あと、キスしているときの襟が違うんだよね
高帆先輩はリボンが付いているのだ!

二見先輩
2度もパンツを見られて
幽霊の時は、水津君に抱きついたりと積極的にアプローチ!
玄永さんの時は、普通に抱きついて泣いたりとダントツの積極性。
水津君が三島部長のことを言ったときに嫉妬?したりと
そんな二見先輩が積極的に寝ている水津君にキスするのは段取り的にありか?
でも、寝ている水津君に横に置いた右手首の服に色が付いているんだけど
3人が同時に部室に入ってきた時の、二見先輩の右手首の服に色が付いてないんだよ~。

う~ん。
個人的に好きなのが二見先輩だから~(パンツを見せてくれたからじゃないよ)
いや、
いやいや
う~んう~ん、誰なんだろうね?w
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/448-9105aa1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ