ライコネンの熱帯魚 1巻の感想、魔女と過ごす青春

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2011/10/24(月)
チャンピオンREDで連載している
ライコネンの熱帯魚の1巻です。
作者の山西正則先生は、これが初単行本らしいですね!
単行本童貞卒業おめでとうございますー!!

ライコネンの熱帯魚 1 (チャンピオンREDコミックス)ライコネンの熱帯魚 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2011/09/20)
山西 正則

商品詳細を見る

山西正則「ライコネンの熱帯魚」1巻のストーリー
学校をウロウロしていた主人公?瀬古原君は
熱帯魚愛好会の扉を見つけ、魔女・ライコネンを出会う。

ライコネンは、人と熱帯魚を交配させて新たな人類品種改良の礎になろうとして
エンゼルフィッシュからエンゼルの少女を作り出し
瀬古原君と付き合わせようと画策したのだが
瀬古原君はライコネンに告白してしまう緊急事態に!

瀬古原君の同級生の藤間さん、ヒコイチ君。
美術部部長・屋敷森先輩
が熱帯魚愛好会に加入して賑やかな青春模様に!
ライコネンの熱帯魚
ついでに、
ライコネンの師匠?ロウヒさん(1800歳)も参加だ。


山西正則「ライコネンの熱帯魚」1巻の感想
山西先生も、熱帯魚を飼っているのかな?
最近は自分の趣味をベースに漫画を書く人が多いよね。
そのぶん、普通の人が知らないディープな話が出てきて面白いよね。
今回は、色々な熱帯魚が出てきては擬人化されて
面白い生態を見せてくれるw
グッピーが人間化すると、求愛行動の多いオッサンになったw

チャンピオンREDで読んでたときは目的の無い漫画だな~とか思っていたけど
こうやって纏めて読むと、ちゃんと青春恋愛漫画になっているんすね。
藤間さんのちょっと暗い過去とか
ロウヒ様の男に初な所とか1800年生きている癖に三つ編みお下げ髪とかチョー可愛いっですね。
ライコネンの熱帯魚、ロウヒ様セクシーショット・・・
ロウヒ様が余りに人間じみているから魔女に対しての好感度アップだし、
少しづつライコネンの様子が変わって面白いね。

ライコネンの恋愛に凄い不器用な感じが
今まで恋愛に関心なくヒタスラ研究に没頭していた感じがでてて面白い。
そして瀬古原君から告白されたことによって
自分の理解しがたい感情を解析しようと前向きに
恋愛に付いて取り組もうとする姿が良いね。
だがしかし!、エンゼルちゃんはどうするねん!
美術のモデルとして声をかけただけなのに勘違いしまくりボッチ藤間さんとか
どうするんだー!!!!

1巻は、全員が揃って
さあ始めるぞって所で終了!

あ、エンゼルちゃんの髪の毛が面白いねって事に単行本裏表紙で気づいた。
ライコネンの熱帯魚、エンゼルちゃん

はじめて海水魚を飼う時に読む本―カクレクマノミを飼いたい― (エイムック (842))はじめて海水魚を飼う時に読む本―カクレクマノミを飼いたい― (エイムック (842))
(2004/03/17)
不明

商品詳細を見る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/592-51e471aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ