ブルーイッシュ 1巻の感想、まだ目覚めてないサイキッカー

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2011/11/27(日)
秋田書店のプリンセスゴールドで連載?中の
梅田阿比先生のブルーイッシュの単行本が発売されました。

1話が連載された時に初めて、
少女漫画雑誌を購入しましたよw
ブルーイッシュ 梅田阿比の感想、未熟なサイキッカーズ

ブルーイッシュ 1 (プリンセスコミックス)ブルーイッシュ 1 (プリンセスコミックス)
(2011/11/16)
梅田 阿比

商品詳細を見る

梅田阿比「ブルーイッシュ」1巻のストーリー


養父母に引き取られた3人の血の繋がらない子供たちには
超能力を持っている、
勝手に暴走してしまう出来損ないサイコキネシストの綸
力を使うたびにアレルギー反応を起こ出来損ないすテレパスの亜生
変身して幻覚を見せる事が出来る出来損ない知那
そんな未熟な超能力のせいで学校でも駄目駄目だった。

でも、養父母が死んでしまってから
3人仲良く、互いに協力しあいながら
何とか、出来損ないの超能力に苦労しながらも
前向きに生活しているのであった。

梅田阿比「ブルーイッシュ」1巻の感想


ブルーイッシュ、パンチラ知那ちゃん。
長女知那ちゃんの能力に欠点が無いって思ったけど
変身した人の事を少しづつ忘れるっていう出来損ないで
綸と亜生が喧嘩した時など、死んでしまった養母に変身して
慰めたりするけど、
それをすると養母の記憶が徐々になくなっていくっていって所に感動。
変身能力を使うと記憶が徐々に無くなっていくのを知っていて
でも、兄弟仲良くしてもらいたくて敢えて使う知那ちゃんに更に感動。

2話目では、テレパスの亜生は
人の心が読めるだけではなく
苦しい・辛い記憶を人から吸い出す事が出来る能力も持っているんだけど
今までは弟妹にしか使わなかった力を
友達や先生に使い始めたのが、
3人だけの世界から一歩踏み出した成長の証で嬉しいね。
ほんの少しづつだけど成長が見れる漫画は良いね。
自分たちの出来損ないの超能力を嫌っているから
それを他人に使って幸せに出来るって落差がステキ。

綸の暴走サイコキネシスも、
自分では暴力的な能力と思っているのだけども
3話で、自分の事を悪の超能力使いと自称する少年とであって
心の弱さを学んでその後に言った
正義のヒーローになることをずっとあきらめるな
は、良い言葉だよな~って思ったね。


4話目の話は、
未来予知が出来る魔女さんは・・・
養父母の何かを知っているみたいだったけど???
きっと重要なキーになりそうな。


幻仔譚じゃのめ 7 (少年チャンピオンコミックス)幻仔譚じゃのめ 7 (少年チャンピオンコミックス)
(2010/03/08)
梅田 阿比

商品詳細を見る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/616-529576c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ