釣り屋ナガレ 7巻の感想、釣った女の子は必ずたべ(ry

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2010/07/09(金)
食べません。
女の子は釣り・・・いや釣ってるかな?
釣り屋ナガレ 7 (少年チャンピオン・コミックス)釣り屋ナガレ 7 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/07/08)
竹下 けんじろう

商品詳細を見る

竹下けんじろう 釣り屋ナガレ7巻の感想


感想とか書く前に・・・
単行本の最後に乗っている、一筆入魂について
本当に申し訳ございませんorz
似顔絵募集はしていたのは気づいていましたが、
絵とか25年くらい書いたことなかったのでスルーしていたら
相当、似顔絵が来ていなくて困っているみたいでした^^;
8巻には間に合うように、絵の練習をしているので暫く待っていてくださいー><;
俺の予想では、稲葉先生か、海美&千聖、サツキ君&広岡さん&タコおっさんの予感。
稲葉先生の水着・・・・大正時代の赤白の縞模様の水着とか?w


ってことで感想です。
前半はイギリス乳のリズさん。7巻の表紙の女の子ですね。
ボインな女の子がボインで乳が溢れちゃう感じで
リズにビシバシ指導されたお嬢が管理釣り堀で魚を釣って裸になって私の竿に~って話。

っと言う冗談はさておき、
この話は素晴らしい出来です、
初めて一人で自分の力で魚を釣り上げたお嬢さん。
そして、その初めての体験を手助けせずに体験させてあげたリズ。
凄い感動したね、ただA,HA,HA,HAとか笑っている乳ねーちゃんだと思っていたので
こう言う、感動のさせ方があるのかと関心したものです。
しかも、初めて釣れた魚に、
ありがとう、私の竿に掛かってくれて
と言って初めて釣った魚を逃がすお嬢に涙です。

次は立ち入り禁止区域や、密漁はやめましょうみたいなお話。
でも、魚を雑魚と言って踏みつけたりすると
手痛いしっぺ返しを食いますよと言う教訓ですね、
テトラポットを使った穴釣りは面白そうですね、
ドキドキ感覚のクジみたいで面白そうw

次は猫と到馬君の物語、
子猫をひょんな事から拾ってきた到馬君に
優しい顔で、命の責任について叱る先生が素敵です。
うーん。
責任を持ってか・・素晴らしい言葉ですね。
第53.5話のたった2話の追加話だけど、
信頼って言葉も凄い大事だよね、一つ一つ積み上げるのは大切だよ本当に、
雑用仕事を振ると、そんなのは俺の仕事じゃない!とか言う新人さんとか
凄い大変。雑用が出来ない人に大きな仕事なんか一生回って来ないって。

と、重い話が続いたと思ったら・・・
タコ親父がカワハギの魔力にとりつかれてギョギョギョで真っ裸になる話。
↑大体あってる。
カワハギのキモを食べてみたい><;けど普通のスーパーじゃ売ってないよね・・。
それにしても、この話は相当アンケートとか評判が良かったらしく
竹下けんじろう先生もブログで語っていましたねw
タコ親父がションボリしながら、明太子オニギリをぼんやりと食べているコマが好き。
僕も、サツキ君に手とり足取り指導を受けたいです。

釣り屋ナガレ、水野美奈、中沢加奈
次はリズとナガレが初対決でワカサギ釣りをする話です。
飴玉ネーちゃんと加奈ちゃんコンビが凄い良い笑いを誘ってナゴムわ~っ。
それと、ワカサギを釣ってその場で食べるという
簡単に想像しただけでも美味しさが解る食べ方を披露w
釣り屋ナガレは釣り漫画じゃない!釣りのフリした料理漫画や!!!
それと、単行本を読んでて気づいたのですが、
ワカサギを揚げているお鍋って実写じゃないですか?
そう言えば、カツオ釣りの時も海が実写だった気が。
実写を使ってリアリティを付けようとするところも凄いね!


それと、釣り屋ナガレ7巻の最大級の見せ場である
リズが温泉に入って、Ah・・・・ とか言いながら頬を赤らめたり
オッパイを揉まれたり・・見たかったら速攻で購入ですよ!!
お嬢の胸に付いては触れちゃダメ!



釣り屋ナガレ 4巻の感想~まぐロケット~
釣り屋ナガレ 5巻の感想~カラーが無くなってる・・~
釣り屋ナガレ 6巻の感想~誰得とか俺得だ!~
・・・
釣り屋ナガレ 8巻-釣りは虐待なの?-
釣り屋ナガレ 9巻-キャスティング競技はスポーツよ!-
釣り屋ナガレ 10巻の感想-オレたちも「お前の力」の一部なんだ!-
釣り屋ナガレ 11巻、めで鯛完結です。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/65-51ba935e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ