ばくおん!! 15話の感想、そこに道があるからバイクで走るのだ!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2012/08/02(木)

月刊ヤングチャンピオン 烈 No.8 2012年 8/25号 [雑誌]月刊ヤングチャンピオン 烈 No.8 2012年 8/25号 [雑誌]
(2012/07/17)
不明

商品詳細を見る

おりもとみまな「ばくおん!!」15話のストーリー


北海道ツーリングも最終日になった佐倉羽音たちは、
札幌に寄って北海道の食べ物の代表であるサッポロラーメンを食べる事にした。
ばくおん!、札幌時計台を探す一行
札幌時計台を探しながら、時計台をスルーして
無事に新ラーメン横丁に到着し
時計台の絵が書いてある、味の時計台でラーメンを食べてご満悦!

北海道への色々な思いを抱きながら
苫小牧からフェリーで東京に戻る一行であった。

そして夏休み明けに学校の友人に、お土産と思い出話を語る羽音達だったが
五稜郭や札幌時計台、旭山動物園、花畑牧場も見ずに
チェーン店でラーメンを食べて
何をしに北海道に行ったの?と友人たちに総ツッコミをいれられ凹むが。

羽音がイッパイバイクで走るために行ったんだよ^^b
と言い場を和ませた。


おりもとみまな「ばくおん!!」15話のストーリー


北海道の旅も終わりだー!
鈴乃木は、熊に襲われなかったね・・・残念・・。とは思ってないよ!
無事でよかったね!
しかも、あれだけ事故ってる父親には似ずに、無事故で北海道から帰還できて嬉しいよ?

北海道に行ったらサッポロラーメンは食べたくなっちゃうんだよね。
味の時計台とか"すみれ"とかは入りやすいけどチェーン店。
入りにくい聞いたこともない店だと、帰ってから話題にもできないし難しい所です。
ラーメン山頭火も旭川が本店なんだよ。


そしてラーメンを食べに札幌に向かった一行だけど。
ライム先輩は無口だし、執事の早川さんは何故か同行しなかったのが仇となって
時計台は目の前まで行ってスルーしてしまうし、チェーン店のラーメン屋に入るしw
確かに札幌時計台は・・・・。
アレは、時計台が悪いんじゃない!周りを情緒なく開発しやがった奴らが悪いんじゃ!!!

それにしても、三ノ輪聖ちゃんはラーメンが大好きになってるのかな?
この漫画が終わることには体重が30キロくらい増えてそうw
ラーメン食べてイヤラシイ顔しやがってこの卑しん坊が!!
ラーメンを食べる三ノ輪ちゃんが可愛い。
んで、ライム先輩はまたヘルメットのままラーメンを・・。
ばくおん!、現実の境界線上
モジャは恥ずかしいセリフを吐くけど
今回のはカッコ良かった。
髪の毛がいつにも増して、モジャモジャだったけど。


確かに羽音達は北海道の道ばかり走ってて観光地は殆ど行かなかったけど
富良野のキャンプ場とか行ったからモットアピール出来たんじゃないかと。
宗谷岬に行ったんだからオロロンラインを下ったんだろうし
もっとアピール出来る所があるだろっ!!
って思っていたら
やっぱり我らが主人公の佐倉羽音が主人公らしく
バイクでイッパイ走る為に行ったんだよ!!って言ってくれて良かった。
主人公はやっぱり、こうでなくっちゃ!!
モジャはバイク部の中だと、バイクのロマンとか語る癖に
同級生の前だと、口下手になりやがってw

しかし、函館に行って五稜郭も夜景も見ないのは許せるけど
ラッキーピエロを食べなかったのはダメだ!
函館に行ったら、ラッキーピエロでチャイニーズチキンバーガーを食べような!!


ホクレンフラッグとか俺が昔に行った時に今年が最後のフラッグとか言ってたきがするけど
いまだにホクレンフラッグしてたのかw

あと名も無き同級生の女の子が
普通の感じがして可愛かった。
おりもとみまな先生の女の子には萌えないんだけど(変な子多いから)、
この子は普通の狙ってない感が有って萌える。

規制をぶち破るバイク漫画「ばくおん!!」ヤングチャンピオン烈で連載開始
ばくおん!! 1巻の感想、まとめ。漫画のタイトルって大事だよね!!


ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2012/03/19)
おりもと みまな

商品詳細を見る


六花亭 マルセイバターサンド六花亭 マルセイバターサンド
()
六花亭

商品詳細を見る
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/774-2ceb4598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ