てんむす 9巻の感想、みんなが引っ張りあげてくれた。

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2012/11/16(金)

てんむす 9 (少年チャンピオン・コミックス)てんむす 9 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/11/08)
稲山 覚也

商品詳細を見る

稲山覚也「てんむす」9巻のストーリー


わんこ蕎麦対決の続き。
を攻略しようと考えを巡らせ最善を尽くしリードを広げる紫乃ゆかりと
追いつこうと努力しはじめた春風天子!

共に、わんこ蕎麦を入れてくれるおばあちゃんとリズムが合わずに苦戦する。
紫乃は、わんこ蕎麦を食べるリズムを完璧に掌握したと思っていたが
春風は更に上を行き、自分がおばあちゃんにリズムを合わせる様に少しづつ改善し
遂にわんこ蕎麦の食べるリズムを掴み相手よりも早いスピードで
食べ進める事に成功する。
尾張大付属高校との戦いは、結日高校の勝利となり
本戦には2チームが出場できるため決勝を前に天食祭本戦出場決定となった。

偵察も兼ねてもう一つの準決勝戦で龍聖学院の試合を見てあまりの強さに驚愕した
結日高校の面々は、決勝までに体調を整え万全の体制で決勝を迎えたが・・・。
天食祭本戦出場を決めた龍聖学院にとっては決勝は捨て試合だった!!
てんむす、龍聖学院のメンツ
決勝で優勝を決めたが結日高校の面々は、龍聖学園に無視され浮かない表情だったが
尾張大付属高校の赤西・黄桜さんが応援しに来てくれ
天食祭本戦で屈辱を晴らすことを誓う!

夏休みになり、遂に本戦の招待状が届き結日高校は
試合会場がある以勢にある神宮会館に到着する。
そこで、天むすのお願いとかオカルトじゃん!と馬鹿にされ
龍聖学院のオマケとコケにされた結日高校は
気合満タンで、第一試合に臨む!!!
第一試合は、4人で食べた特製ハンバーガーの量での勝負!!


稲山覚也「てんむす」9巻の感想


紫乃さんもチョットづつ改善していこうと向上心をもつ強敵だったけど
自分の食べ方のリズムは完璧だ!と本当に少しだけ慢心があったのが敗北か?
春風の方が、子供の頃から幼馴染の蕎麦屋で食べ慣れた物だったからか?
という、ほんの少しの差が勝負を分けた試合だった。

そして、部長に頼りっきりだった部員たち
部員たちを支えていると思っていたら
が逆に部長を支えるまでに成長した姿を見て感動です。


そして夢を叶えられずに号泣する尾張大付属高校の選手たちに駆け寄り
代わりに"てんむす"になって、お願いごとをしてくると宣言する春風!!!!
現実世界でしたら結構 失礼な行為なんだけどさ
こう言う漫画的な表現というのかな?
普通は出来ないような行動をするのに躊躇なく実行する主人公って好きだよ俺は。
てんむす、春風天子ちゃん。めろ~ん
勝者が喜び、負けた選手たちが泣く。
それって現実世界で常日頃から起こっていることだから
そのまま書いても感動ないんだよね~。
現実では出来ない行動を取る主人公を見るのは
背中が痒くなるような感じがするんだけどさ
ココのラインを超えるのが主人公だと思う。


決勝戦で手を抜く龍聖学院は・・・。
真剣勝負って頻繁に出来る訳じゃないからソコで力を抜くのはどうかな?って思うね。
もし本戦で龍聖が負ける事があるなら
毎試合、全力で相手と戦い自分を磨いてこなかった所が
勝負の分かれ目になって欲しいところだと思いました。
それにしても、龍聖学院の2軍さん達は驚異的な弱さだな・・ww
これじゃあ、三ヶ月部長が引退した後が心配だよ。

そしてちょっとアレだったのは。
予選大会が終わって、直ぐに本戦の話しに入ったところかな。
いくらなんでも試合が連続しすぎだにぃ。
もっと修行とか、仲間四人の仲とか団結力を高める話を入れても
良かったんじゃないかと思うです。
立浪部長が一人で、食い道部を立ち上げた理由とかさ。

東京の村上マリーは、ダメダナこいつ!!
ムカつくキャラクターって意味では成功しているけどねw
他にも、食べ物をお金換算で得してる~って言いながら食べる奴とか
高知の選手とか、北海道選手とか濃すぎる個性を持った選手達が
沢山出てきて面白くなりそうだね。

てんむす 1巻の感想、食せよ女の子!女子高生の大食い物語
・・・
てんむす 8巻の感想、常に前に進める様に思案し行動する
・・・
てんむす 10巻の感想、美味しく食べると皆を笑顔にするよ!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/836-a83304e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ