てんむす 10巻の感想、美味しく食べると皆を笑顔にするよ!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2013/01/20(日)

てんむす 10 (少年チャンピオン・コミックス)てんむす 10 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/01/08)
稲山 覚也

商品詳細を見る

稲山覚也「てんむす」10巻のストーリー


天食祭本戦第一試合はチーム対抗戦でハンバーガー対決。
先鋒の井端二子ちゃん・次鋒の荒木遊ちゃんと可也のハイペースで食べ進むが
予選通過ラインギリギリで、立浪百合亜部長・春風天子の必死の追い上げで
無事に第一試合を通過した。
予選敗退チームとの差は本当に数口の差の死力の勝負だった。
てんむす、結日高校のチームワークを見よ!
しかし、東京青葉学園・村上マリーから
常連チームは、第二試合に力を残す為にワザと中位で第一試合を通過したと教えられた。

第二試合は、くじ引きでグループリーグに分けられ
一位のみが予選通過のステーキ丼大食い対決!
仲間の手助けができないままに、それぞれ個人が今までの経験で勝負に挑み。
結日高校で予選通過できたのは、春風のみだった・・。
立浪部長は村上マリーを本気にさせるも僅差で予選通過ならず。

結日高校唯一の決勝戦進出を勝ち取った春風だったが
中部地区予選で一緒に戦った尾張大付属高校の赤西・黄桜の願いも託された
春風は心の余裕がなくなっている状態で決勝に望む。

決勝戦はラーメンの大食い対決。
真夏の昼間に炎天下の中の熱々ラーメン大食い勝負は選手から体力を奪い
壮絶な死闘になった。
もともと余裕の無かった春風は、無理をしたハイペースがたたって
後半は意識朦朧の状態だったが、
春風を勝手にライバル意識している天咲花ちゃんの励ましもあり
何時も通りに、ラーメンを味わって楽しく食べる事を思い出すことによって
自分のペースを取り戻す!!

天食祭の優勝は・・・龍聖学院の三日月選手!
第一試合で力を余らせた差がギリギリ勝利を掴んだ。

春風は惜しくも2位だったが
チームの皆から祝福され、食い道部に入って良かったと心の底から思った。
そして時は流れ
食い道部の部長になった春風天子は
美味しいものを食べる喜びを後輩に伝えながら


稲山覚也「てんむす」10巻の感想


中部地区予選を圧倒的な強さを誇っていた龍聖学院の三日月さんが優勝!!
だらだら妖精の三日月さんだったけど最後の死力を尽くした戦いと
優勝してチームの皆が喜んで居るのを見て、ゆめが叶った!ってカッコ良かったですね。
てんむす、極悪村上マリーの新人チーム虐め!
そして春風達を追い詰めていった村上マリー選手は本当にヒドイ奴でした。
まじで性格悪すぎてどうしょうもない奴でした。
口とか悪かったけど、強くて・・・・。立浪部長も負かせるくらいだったし。
でもマリーがヒドイ奴で、春風を追い詰めたから
最後で春風の初心に帰るような、女の子らしくご飯を楽しく食べるみたいなのが
炸裂して2位になることが出来たのかな・・って思う。
けど正直にマリーの性格が悪すぎてちょっと見ていて辛かったですね。

本大会に入って、沢山のライバル高校が出てきて良いキャラクターも居たのですが
10巻に入ると物語が巻に入ったのか、
村上マリー以外は、そこそこの扱いだったのが惜しかったですね。
練習試合とかで他の地区の選手たちも出すべきでしたね。
それよりも、龍聖学院の三日月選手・天咲選手がいの2名も
中部地区予選から居たのに殆ど出番がありませんでしたね。
太らせた琴吹紬みたいな雪見音々ちゃんとか期待してたんだけどね。

お笑い担当の、天咲花ちゃんが最後に春風天子ちゃんを奮い立たせる姿は良かった。
ライバルwだったから一番、春風を見てきたからこその発言だったんだね。
てんむす、春風を励ます天咲花ぽん(笑

春風は優勝は出来なかったけども
素晴らしいチームメイト、良い好敵手の天咲花ちゃん(笑)に
恵まれて素晴らしい締めだった。

てんむす 1巻の感想、食せよ女の子!女子高生の大食い物語
・・・
てんむす 9巻の感想、みんなが引っ張りあげてくれた。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/859-9a485dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ