バチバチBURST、3巻の感想。凡人には凡人の到達地点がある!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2013/03/03(日)

バチバチBURST 3 (少年チャンピオン・コミックス)バチバチBURST 3 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/02/08)
佐藤 タカヒロ

商品詳細を見る

佐藤タカヒロ「バチバチBURST」3巻のストーリー


押し出しで勝てる試合を、観客のウケを狙って投技で完勝した常松洋一に
いつも温厚な空龍が1勝の重さについて厳しく説いた。

王虎によってプライドをズタズタにされた虎城部屋の田上は
自分の居場所を勝ち取るため、自責の念を押し殺しながら
勝利の為に卑怯な行為に及びつつも勝利を重ねていった。
さらに大鵠から手のバンテージに鉄板を入れる事をそそのかされて田上は。
バチバチ、田上をそそのかす大鵠


鯉太郎の可愛い?弟弟子の丸山大吉もついにに前相撲を取ることになり
圧倒的な体格差で相手を押し出したが・・・まわしが取れて負けてしまった。


そして遂に始まる、
鯉太郎 VS 田上。
試合前に更にダメ押しの言葉を受け、最後の覚悟を決めた田上が鯉太郎の前に立ちふさがる。
立ち会い不十分から、鯉太郎に強烈な一撃をぶちかます!
しかし真正面から受けて立ち上がる鯉太郎!!
土俵の外では友達かもしれないが土俵の上では敵同士と割り切る鯉太郎。

鯉太郎との覚悟の差を感じた田上は真正面からブツカル覚悟をキメ勝負に挑み
互角の打ち合いの展開に・・
田上は王虎との稽古で力をつけていたのだが
田上は自分自身を、王虎との猛稽古に付いていった自分自身を自分で信じられなくなっていたのだった。

ほぼ互角の勝負と思われていたが、
田上のバンテージに指が引っかかり鯉太郎の左の人差し指が折れてしまう!!
が!鯉太郎は躊躇なく人差し指が折れた左腕でまわしを取り
下手投げで田上を下す!!
覚悟の差が勝負を分けた、僅差の勝利だった。

汚い事をしても勝てず、非道にもなりきれず、真正面から勝てなかった田上は
猛虎関に引退を申告するが、猛虎関はこれを拒否し
人の成長はそれぞれ、しかし稽古をすれば今より弱くなることは無い!と言い
もう一度、田上を立ち上がらせる。
バチバチ、田上を立ち上がらせる猛虎


左の人差し指が折れた鯉太郎は、折れた次の日から稽古に汗をかいていた。
力士は番付が下がることが、昨日よりも弱くなることを恐れるから
立ち止まっていられない、
そして鯉太郎の次の対戦相手は、
因縁の王虎だった!!


佐藤タカヒロ「バチバチBURST」3巻の感想


学生横綱で幕下付け出しで土俵デビューした常松は
観客からの見た目を考えた派手な勝ち方をして親方に怒られた後に
序の口から徐々に出世して頑張ったが限界が見えてきた田上が
1勝を勝ち取るために卑劣な事を考える話が直ぐ後に来て
人間の対比が素晴らしいと思ったね。


この田上の話は、人生の壁にぶつかった時にどうすれば良いのか?
の答えが出ていて素晴らしいなって思った。
壁にぶつかって挫折仕掛けた時に
悪い友人に悪魔の囁きを吹きこまれたり
一人で悩んでドツボにハマったり
ルール違反ぎりぎりの行為をしてみたりと・・色々としたけど
最後の最後は、
反則行為・バンテージに鉄板を入れない決断をしたのは良い判断だった。
バチバチ、田上は自分の限界を自分で決めていた!
最後のラインを踏み越えてたら
その後にくる、猛虎関からの激励も意味が無いものになってた。
どんなにひどい状態でも、自暴自棄にならずルール・法律の最低限のラインを
守ったのは田上の根っからの性分で、
それが原因で勝ちに対する執念が足りないのかもしれないけど
この性格のお陰で、取り返しの付かない自体にならなかったのでこの性格は
大切にして行きたい所。
大鵠なら余裕で鉄板いれて、発覚して角界永久追放とかなりそうw
猛虎関も素晴らしい人格者で、こんな先輩がいるなら田上はまだまだ伸びそうだね。
そして、ある意味 田上を追い詰めた王虎さんの名指導者っぷり??


田上のお手つきからの掌底を食らいまくった鯉太郎の方は
食らったのは俺が油断していた的な圧倒的なスケールの大きさ!
これぞ主人公!って感じですね。
事故で指が折れた後も、瞬時に決断してまわしを取りに行ったところ
田上は指が折れた所で躊躇してしまった
それが勝負にかける覚悟の違いがでたのかなと思いました。


一つの勝負にかける、人物それぞれの描写がすごく良かった
バチバチBURST3巻でした。

表紙の仁王関は、ま~たすり足せずに、勇み足で負けてたけどすれも相撲人生だよね!

バチバチ1巻 佐藤タカヒロの感想
バチバチBURST、1巻の感想。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/880-c6c1d0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ