週刊少年チャンピオン2013年30号、ガチホモ丼が見れるのは週チャンだけ!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2013/06/30(日)

週刊少年チャンピオン2013年30号の感想


弱虫ペダル - 渡辺航
うはっw
箱根の三年は前座だったのだ!
弱い弱すぎる!
これじゃ主人公チームチーバーには勝てませんはw
しかし、次の展開を面白くするために
ついこの前まで最強王者を自称していた人たちを噛ませ犬扱いするのも
寂しいもんだよね。

囚人リク - 瀬口忍
昔の敵、椿を脱獄仲間にするのは
失敗したら密告されんじゃないか?

ペーパーブレイバー - 藤近小梅
ヤッパリ、白魔道士と勇者の禁断の恋は鉄板だよ。
盗賊とは浮気でお願いします。
前回出てきた、ニヒルな人はなんだったの?

バチバチBURST - 佐藤タカヒロ
タイコウの全ての汚い攻撃を受け止める姿かっこいいね。
全てをねじ伏せて勝つ!

毎度!浦安鉄筋家族 - 浜岡賢次
習字を書くだけで家を破壊・・。

3LDKの花子さん - 丸山哲弘
猫宮詩ちゃんかわいいですー。
この前の垢舐めメイドさんも可愛かったけど
出番は1回だけなの?

777 - 小沢としお
怪しいオッサンが轢かれてダウンwwww
怪しいからなw
そして主人公がキレるw
恐怖がピークに達するとキレて別の性格が出てくるのか。

ドカベン ドリームトーナメント編 - 水島新司
前の試合がグダグダで長い試合だったから
投手戦でサクッと終わらすのか?
もっと打撃選手の活躍も欲しいところ。

雨天決行 - 重本ハジメ
主人公巻き込まれ型で、
周りがドンドン動いてるけど
主人公は流されるがままで、見てる人も流されるがまま

バイオハザード~マルハワデザイア~ - カプコン・浦沢直樹
ゾンビを撃ってどどどどどー。
主人公がゾンビに噛まれてた伏線は何処で回収だい?

いきいきごんぼZ - 陸井栄史
髪の毛を下ろした椿ちゃん可愛いね。
人間マン?どーでもいいわー。
てか、人間マンの被り物してるの警察官さんじゃねーの?

真・餓狼伝 - 夢枕獏・野部優美
絞め技で落とす前に、体を反って腕を離そうとしろよ。

クローバー - 平川哲弘
広島までいって、喧嘩すんな!
トモキと夏子の方に、火の粉が降りかからないように願うだけ。
このストーリーが終わったら
来栖と夏子さんが付き合う事になったりしてw

侵略!イカ娘 - 安部真弘
警官と看護師さんが同級生だったとはw
ついでに、幼稚園の先生も同じ。
昔も変わらず、ズッコケ三人娘。
イカ娘かんけいなくない?

バーサスアース - 一智和智・渡辺義彦
スレイヤー6を主人公チームと分散配置することにより
見事に死亡フラグを回避。
ハルトとレオ姉が居るチームは死なないだろう。

実は私は - 増田英二
藍澤兄はダメだなーw
妹が成長して妹に兄が教育されるパターン。

ANGEL VOICE - 古谷野孝雄
トップ下がエライという風潮。
365度周りからプレッシャー受ける場所と
180度で良いサイドでは全然ちがうからなー。
そもそも、味方にパス出さない奴はサッカーやるな。

泳げ!ひなのちゃん - 藤川努
お尻水泳漫画に進化した素晴らしい漫画。
もっとあなーるに指を突っ込めよ!
一人の為に、皆が犠牲になって優勝させる。
自転車もそんな感じだよね。
水泳では珍しいタイプなのか。

吸血鬼すぐ死ぬ - 盆ノ木至
直ぐ死ぬw
たしかに吸血鬼は、弱点多すぎだね。
今回のはメンタルも弱いし。
死ぬスピード感が有って良かった。

名探偵マーニー - 木々津克久
女の派閥争いは酷いよね。
応援するためのチアリーディングが
チアリーディング競技に乗っ取られた系。

あまねあたためる - 佐渡川準
最初は皆を笑顔にするあまねだったのに
何処まで落ちて行くのだw
欲を出したところから、転がりオチてるよね。

パンダのこ - 角光
ドジでノロマな竹の子だけど
たまに凄いの、
パンダの事になると興奮してw

ハーベストマーチ - フクイタクミ
ホモ
将来成長したクゥが
上半身ハダカで寝て、ねーちゃんが鼻血ブーするところまで読めた。

木曜日のフルット - 石黒正数
エビを養殖するでゲソw
柱に勝手なコメントw
打ち合わせと違うじゃないですかーーーー

週刊少年チャンピオン-カテゴリ
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/926-afcd0f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ