バチバチBURST、5巻の感想。たかが一敗を負けないために

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2013/09/04(水)

バチバチBURST 5 (少年チャンピオン・コミックス)バチバチBURST 5 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/06/07)
佐藤 タカヒロ

商品詳細を見る

佐藤タカヒロ「バチバチBURST」5巻のストーリー


マスコミの前でプロレス的な舌戦で王虎を挑発する常松。

学生時代 常松は、王虎が所属する虎城部屋に通っていたが
常松の父親が元横綱・虎城の腰巾着だったと虎城親方に嘲笑われたことと
王虎&鯉太郎の人気を妬み
鯉太郎を踏み台にし、王虎を倒し
自分が有名・高給取りになるために空龍部屋に入門したのだった!!
バチバチBURST、恨みつらみの常松


常松 VS 王虎の試合が始まる。
虎城部屋に通っていた常松は王虎の癖を見抜いており
初めは圧倒した常松だったが
王虎の天才的危機判断力によって徐々に押されていき
王虎の小手投げにより、常松敗北。

実際には、初めの投げの時に王虎の勝負は決まっていたが
王虎は自分の試合が盛り上がるように
試合をコントロールし、ワザと押されているような演技をし
最後は小手投げで華麗に決めた試合だった。


次の試合は、天雷 VS 大鵠
大鵠は、天雷の実兄と鯉太郎の兄弟子に
ワザと大怪我を負わせ引退に追い込んだ因縁の相手。
大鵠は手のバンテージに鉄板を仕込み天雷の右目の上を殴りつけたあげく
自ら倒れて試合を終わらせた。
仕掛けるだけ仕掛けて勝負は捨てる。
大鵠の本当の狙いは鯉太郎!

そんな汚い大鵠のヤリ方を利用しようとする王虎に田上が必死の異議を唱え
事態を察した王虎は、鯉太郎との対戦が終了したので用済みとして大鵠を切った。
バチバチBURST、王虎さん怒る


左手の人差し指を骨折した鯉太郎は、
指を庇いながらの戦いで上手くまわしを取るのに苦労するが
運良く腕を使っての投げを初めて繰り出し勝利する。


次の試合は、全勝同士の
天雷 VS 王虎


佐藤タカヒロ「バチバチBURST」5巻の感想


今回の一番の見所は・・・。
田上が王虎を大鵠の事で攻めているシーンですね。
田上がどれだけ王虎の強さを認め、そして卑怯な事はしないと信じていた
のに裏切られた思いが強く出ていて良いシーンでした。
あれだけ王虎に畏怖の念を抱いていた田上が
王虎の胸ぐらを掴んで怒鳴るように言うところは感情が良く出てて好き。
バチバチBURST、田上が王虎に必死の訴え
王虎も「離せよ、汚れるだろ・・」とか言うだけでビックリ!
稽古中に田上が掴んできた時なんか、キタネェとか言って顔面を蹴りあげてたんですよ!
田上の異様な迫力に事態を素早く察して田上の手を払いのけなかった・・
見えないけど優しさですね王虎さん。
そして田上の前ではツンツンして素っ気なかったのに
田上が居なくなって直ぐに大鵠を締め上げる・・・デレですかね?
土俵の外でも、危険察知能力が凄いです。

大鵠が鉄板を仕込んだのは王虎の指示ですとか言い始めたら
とんでもないスキャンダルだしね。
手早く手を切ったのは良い判断でした。


大学生横綱の常松は、、、、
王虎との土俵に上がるまでの凄まじい迫力は良かったのですがw
上がった瞬間に王虎の迫力に飲まれてしまいました。
たかが一敗・・・と言いながら大粒の涙が!
親子2代に渡る復讐劇?に失敗した大きな たかが一敗!
たかが一敗を負けないためにどれだけの覚悟か必要なのかは
空龍部屋から学んで欲しい。
バチバチBURST、たかが一敗を悔しがる常松
踏み台だと思ってたから空龍部屋の人達を適当にあしらってたけど
これから支えとなる土台だと気づいて成長してくれると思います。
でも、あと一つくらい何かキッカケが必要かな?

バチバチ1巻 佐藤タカヒロの感想
バチバチBURST、1巻の感想。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/947-c4f393b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ