バチバチBURST、6巻の感想。土俵に棚ボタ無し!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2013/11/11(月)

バチバチBURST 6 (少年チャンピオン・コミックス)バチバチBURST 6 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/09/06)
佐藤 タカヒロ

商品詳細を見る

佐藤タカヒロ「バチバチBURST」6巻のストーリー


序の口時代から、一気に十両まで駆け上がる!
と言われてきた二人。
王虎と天雷の真っ向勝負の対決。
バチバチ、本物の力士の底力に圧倒される常松君
技の王虎、力の天雷だと思われていた試合は
力と技がそれぞれ互角の対決だったが
一瞬の隙をつき天雷が投げに持ち込むが
王虎が一瞬の切り返しで勝利。
もはや誰にも止めることは出来ない圧倒的な強さ。

しかし、鯉太郎のおっちょこちょいな兄弟子・白水も全勝で
次の王虎の対戦相手に決まった。


次の対戦に向けて稽古に励む鯉太郎は
前回の試合中に偶然 投げることが出来た腕を使っての投げを
空龍親方の得意技だった仏壇返しを直々に教わる。
常松は、過剰な稽古を嫌い早々に稽古場を後にした。

バチバチ、対戦相手一覧
常松の対戦相手は、鯉太郎のライバルを自称する石川。
立ち会い直後の石川のフック気味の張り手をもろに受け
常松は何もしないまま2敗目をしてしまう。
プロの壁を知った常松は強くなりたいと涙ながらに語った。

鯉太郎の対戦相手は、鯉太郎の兄弟子・吽形の足を壊した因縁の相手・大鵠。
大鵠は仁王関から受けた屈辱を弟弟子である鯉太郎に
ぶつけるき満々で土俵に上がる。
足を踏みつけ動けなくなった所に鉄板の入った張り手を撃つ大鵠だが
鯉太郎は真正面から一度は十両の壁を破った大鵠を粉砕していく!!



佐藤タカヒロ「バチバチBURST」6巻の感想


主人公を除けば最強と思われる二人の対決。
王虎と天雷!!!
鯉太郎が王虎に負けたから天雷が倒すのかな~とか思ってたら
互角の勝負で、紙一重で王虎が勝った。。。
(天雷さんは、強い強い言われながら負けてる姿を多々みるのは何でや・・w】
この激怒王虎さんは無敵すぎて倒せない!!
とおもった矢先に白水さん・・。
白水さんしか居ない!!
2巻くらいから注目している白水さんですよ!
身長がデカくて超気になってたんです!
ギャグキャラだけど、愚直に練習し続けたり鯉太郎慰めたり。
髪型が変だけどw
吽形さんが引退した時に、何らかの形で吽形の名前を引き継ぐのかな~とか思ってたり。
というか、川口さんは此れからどうなるんだろうと気になり始めた。

バチバチ、運が無かった力不足の常松
常松はあれだけ学生横綱で出てきて威勢が良かったのに
2負で完全に心がポッキリ折れて、
空龍師匠・・強くなりたいです(´;ω;`)ブワッ
安西先生かと思ったw
これで空龍の人間に初めて成れたのかな?
稽古をサボったりしてたけど、これから真面目になれば強くなるんじゃないかな?
しかし相撲を目指す人で周りから期待されて入門された人少すぎるぞw
白水さん・川口さんとかどういう経緯で入門したんだろう?w


鯉太郎の対戦相手は、永遠と空龍部屋に嫌がらせをし続ける大鵠。
バチバチの時はいずれ鯉太郎が大鵠と対戦する時が来るのかと怯えていたけど、
今の鯉太郎なら大丈夫って思えるようになったのは凄い。
前の大鵠、後ろの王虎とか思ってたら
王虎さんが前の大鵠ごと粉砕して行ったけどw
大鵠では力不足は否めない、
だけど王虎に負けた鯉太郎がまた登るための踏み台としては調度良い!!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/966-3d1bfe9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ