サクラサクラ、3巻の感想。恋愛ごっこに最強のライバル登場!

秋田書店工作員、週刊少年チャンピオン過激派、ラーメン二郎信者の感想日記

2013/11/18(月)

サクラサクラ 3 (少年チャンピオン・コミックス)サクラサクラ 3 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/11/08)
もりしげ

商品詳細を見る

もりしげ「サクラサクラ」3巻のストーリー


極限まで少子化が進んだ世界で
最後の世代と言われた少年少女の物語。

花坂春と敷島桜花とのイチャコラ(実は新世代によるイタズラだった)
を見た姫城桜子は、あの光景が頭から離れずにヤキモキ。
そこで、頼れるロリババア橘先生に相談したところ
良き時代だった頃の王道デート・ドライブに皆で行き
混浴に入り、裸の付き合いで真正面から話した二人は心と身もグッと近寄り
良い感じになったが、橘先生特製の性の付く弁当の食べ過ぎにより
花坂君が興奮し過ぎて鼻血ブー・・。


そんな中、学園に転校してきた
金髪美少女・セリシール・ハナミズキ・コレット。
彼女は、同じ日本人同士の花坂と姫城の交配計画が失敗した時に
花坂君のパートナー候補となる予定の女の子。
サクラサクラ、コレットさん

コレットさんは花坂君の好きな昭和文化を熟知しており
花坂君に対し積極的にアピールで、花坂君の初キッスゲット!
姫城さんはそれが気に食わないが
自分が花坂君にとって特別な存在だったと思い込んでたことを反省。

しかし、余りに積極的なアピールをしているコレットさんを不信に思い
姫城さんは率直に真意を問いただすが
逆にコレットさんから、この学園の目的を知って自分の意志でココに残っているが
姫城さんの意志は何処に?
と問われ答えに詰まる姫城であった。


そして世界有数の企業のご令嬢であるコレットさんの力で
海水浴に来てはしゃぐ一同だったが敷島さんは何時もの様子とは違った。
新世代達は、敷島さんと繋がっている事により敷島さんの心身に
負担が掛かっている事に気付き新世代との繋がりを切断したのだった。
それにより、繋がりを絶たれた敷島さんは
初めて自分が一人になり混乱してしまい海で溺れてしまう。
花坂君により助けだされた敷島さんは人工呼吸により復活。

花坂君とキスしてないのは、姫城さんだけになり!
ピーンチ!


もりしげ「サクラサクラ」3巻の感想


表紙がコレットさんだったら試合が決まっていた・・。
そんなステキなコレットさんが見られるのは3巻から!
サクラサクラ、橘先生の恋愛相談

姫城さんがロリババア先生に相談を持ちかける姿が可愛かった
というか、先生としてチャント認めていた事がツンデレだな~って思ったw
しかし先生として信頼して相談した結果が
ドライブからの混浴露天風呂って・・・w
見れる方はグッジョブだけど、女の子の姫城さんは許せないだろw
相談内容は、花坂君を意識してしまってマトモに喋れないって相談なのにw
いきなり裸になって喋ろってw
そして花坂君が勇気を持って話しかけようとしたら姫城さんが湯だってしまった。
その後も、二人でキスする寸前で鼻血ブー。
どうして二人は良い所ですれ違うのかw
サクラサクラ、コレットさん入学。
そんな事してる間に、超正統派ヒロインのコレットさん登場!!!
これは一撃で試合を決めるエースストライカーですわ。
姫城さんのライバルとしては敷島さんは少し違ったからね。
敷島さんは二人の関係を見守る聖母?みたいだったから
コレットさんの登場は脅威だよね。
幼いころから、花坂君のパートナーに選ばれたと知ってて
少し日本人の血が混じってて運命を感じて
花坂君に気に入られようと英才教育をしてきてるからね。
同じ国に生まれたってだけでタカビーだった姫城さんが焦り始めるのも無理は無い。
煮え切らない態度の二人がこれでファイヤーしてくれると良いんだけどね。

とか思ってたら敷島さんが新世代達との繋がりを切断で
ひとりきりになってしまった!!
サクラサクラ、新世代たちと敷島さん
これで、敷島さんも花坂君のパートナー候補になった感じ。
まだ感情が出てきてない敷島さんだけど
お世話したくなっちゃう感じが良いよね。
もっとご飯を作って食べさせてあげたい感じw

姫城さんは、海水浴でも直ぐに水着の上からTシャツ着ちゃうし
もっと素直になってだね~。
ツンデレだから、仕方がないよね・・。
とか言ってる間に、コレットさん・敷島さんは花坂君とのキスを済ませてしまった!
早くデレないから~~~~。

それにしても、花坂君のパートナー候補って沢山いるのかな?
3人は同級生っぽい娘達だったから
年下とか年上系のパートナー候補とかって居ないのかな?


姫城さん大ピンチで幕を閉じた3巻。
混浴露天風呂とか海水浴とか有ってサービス回で良かったw
露天風呂とか水着を見たかったら本を買ってね!!!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cxu29eg.blog130.fc2.com/tb.php/967-46b09f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 原付で日本一周した人の感想日記2 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ